みかん通信

蜜柑の飛行機プラモデルを中心とした趣味ブログです。

109通信@ウズマキ@@@♪

ウズマキあれこれ。

HNだけに、しょっぱいウズマキは描けません。

G-5AS-62.jpgG-5AS-61.jpg
スピナー基部はお遊びで70(3分の1白はこれから)としたが、これ位は良いでしょ。




オマケで排気管。

G-5AS-55.jpgG-5AS-58.jpg
今回はタバコライオンを使用。今まで使用していたベビーパウダーより、粒子が細かく仕上がりも滑らか。



G-5AS-57a.jpgG-5AS-57b.jpg
1/48位なら此方の仕上がりの方が好み。調子にのって、チト焼き過ぎたかな?右画像が調整後。



G-5AS-64a.jpgG-5AS-64b.jpg
G-10/Erlaは、ベビーパウダーを使用。黒鉄色に茶を混ぜたものをベタ塗り。



さて、いよいよ淡彩画風迷彩だよん♪





  1. 2017/01/27(金) 21:05:03|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

109通信@コクピット塗装中♪

今回は気分を変えてコクピット。

工期短縮の為、下塗りをエアブラシ。

G-5AS-46.jpg
上塗りは筆塗りで表情を出してから、☆☆印のお化粧セットでキメる。



G-5AS-48.jpg
飛行隊長機は良く整備されているだろうから、使用感はあるがあくまでナチュラルメイク。



G-5AS-51.jpg
正面計器盤、左はフジミ(ハセガワ/G-5/AS用)、右がハセ(レベル/G-6/AS用)。
そのままでは入らないので、削り調整済み。



G-5AS-50.jpg
本機の迷彩が淡彩画風なので、それに合わせてコクピットも絵画調に振ってみた。



G-5AS-52.jpg
主要パーツを仮組、ほとんど見えないと言うお約束の展開♪



さて、スピナーのうずまき描きますか。



  1. 2017/01/17(火) 23:06:20|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新年おめでとうございます。

作り初め。

数年前に仕込んだスピナーの仕上げ。
全てエアFで、馬蹄形は明色用、30mm用も1機分しっかり用意してあるのね。>過去の自分。

G-5AS-38.jpg
スピナーの数だけ、冷凍蜜柑があるのはナイショ。


G-5AS-37.jpg
排気煤汚れ隠しのデコレーションを入れると、締まるね。


G-5AS-43.jpg
正月休みは筆塗り三昧。



G-5AS-44.jpg
オーバースケールだが、スーパーマンではなくって、ヴェヒター(番人)も手描き。>トイフェル氏に感謝。



G-5AS-36.jpg
手描き一発決めなれど、うっかり八兵衛で只今修正中。>重ねて感謝です。トイフェル氏。



本年も109三昧でいきます♪
  1. 2017/01/05(木) 21:39:36|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒円盤通信@その14

毎年恒例?になっている大みそかの年賀状書きですが、これから始めま~す。

今年も素敵な彼女に歌って頂いております。


Julie-1.jpg
JULIE LONDON/your number please...


Julie-2.jpg
電話交換手のアナウンスに掛けたスタンダード・ナンバー集。


Julie-3.jpg
東芝音楽工業 赤盤1963年6月発売/SLBY 1063/MAT A LST -7130-A F3/B LST -7130-B


Gekisaku38-77.jpgGekisaku38-80.jpg
今年はブログタイトルに反して、2機も完成してしまいました♪


Mikan-1.jpgMikan-2.jpg
本筋の新規お手付きは、たったの2機!蜜柑山は不作でした。


G-5AS-29.jpg
更に、数年熟成していた冷凍蜜柑を解凍、シャーベット状態で今が食べ頃。
来年には完成してしまいそうな予感....。


これは、蜜柑星人憩い?の拙ブログのタイトル変更も検討せねばいけませんね。


それでは、皆様良いお年を♪


  1. 2016/12/31(土) 19:50:00|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

109通信@塗装開始♪

年賀状も書かずに、塗っている場合ではないのです。(^^;)



G-5AS-9.jpg
ライン修正で出たプラ地に、サフを塗って最終確認。


G-5AS-10.jpg
一の字で塗&マを仕上げるのが、当工廠の工程。


G-5AS-11.jpg
鮎の塩焼き


G-5AS-15.jpg
本機は全面76仕上げで工場出荷、現地で応急迷彩を施したので、実機同様の塗装工程を楽しむ。


G-5AS-12.jpg
因みに手前にあるのは、立体見本のグスタフ君。生憎、クレオスRLM04が手元に無いので、OMPGを参考に自家調合。
今回はこれを基準に当時のカラー写真に見られる、やや赤味を帯びた肉厚風味仕立て。本番では76を少々加え、彩度を抑えた。


G-5AS-13a.jpg
黄帯も極々浅く均す程度の研ぎ出し後、上掛け仕上げ状態。塗料の硬化を待ってから、マスキングを取るとキレが出る。



G-5AS-14.jpg
最近の好みは筆のタッチが外板のたわみを暗示させるよう、研ぎ出しはさらっと均す程度。
機首は研ぎ出し1回目、このあと仕上げの上掛けでマーキングに入る。



只今、マーキング中♪


  1. 2016/12/25(日) 20:02:39|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ