みかん通信

蜜柑の飛行機プラモデルを中心とした趣味ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紫電改通信

本家HP開店当初、ネタ不足の為に旧作にも頑張ってもらいましたが、鉄十字教(笑)と化した現在、場違い(同盟国だけれど)なのでHyperScaleに掲載してもらっていました。
ところが、あちらでもいつの間にか落ちているようなので、こちらでもう一働きしてもらおうかな。

>長谷川製作所@旧版紫電改
20代前半頃に組んだもので、当時パネルラインや主翼下面の爆弾ラックなど不明な点が多く、資料と言えば丸メカ&航空ファン、MA誌のK名人の制作記事ぐらいで、これらをフル活用した何とも微笑ましいプラモライフでした。

キットの内容は、プロポーションはディフォルメ込みで新版より好き。パーツも少なく、組みやすい好キット。
343空の菅野大尉機したくて、前期型に改造。
垂直尾翼は写真を参考にらしく大型化、主翼下面の爆弾ラックは左右1箇所ずつとし、パネルラインも写真から読み取れる範囲で彫り込んだ。
当時、レストア時の勝手な解釈でパネルラインが変更されているなんて想像もしなかった(純粋だなぁ)ので胴体後部上面など、現在の考証で見るとかな~り怪しい。
 
パネルラインはK名人の影響で外板のうねり&リベット、また、レベル1/32@P40を参考に付き合わせのパネルはスジ彫り、重ね合わせのパネルは段差表現、アクセスハッチ類はプラペーパーにてレリーフ表現などなどオーバースケール・オンパレード。(笑)
         
塗装、マーキングは筆塗り仕上げ。
上面色は塗り重ねる毎に色調を変え研ぎ出し、磨きによる変化をねらい、スレ、ハガレの再現。
スコアマークを描き込む頃にMA誌別冊が発刊となり、”実際は無いのよん♪”と写真が教えてくれて、がっかりしたような記憶が...。

N1K2-J_1.jpg
現在は知人が所有しており、レストアのため里帰りをした時に撮影したもの。


N1K2-J_3.jpg
艶消し仕上げだったものを、汚れ落としを兼ねて
軽くコンパウンドで塗装面を均しました。


N1K2-J_4.jpg

当時何故、注意書きを黄色にしたのだろう?


N1K2-J_5.jpg
コクピットもマジメに弄っています。今ではありえない。(笑)


N1K2-J_7.jpg
レストア機のクドい外板のうねりがサンドブラストによる変形だなんて、
当時は思いもよりませんでしたね。


N1K2-J_6.jpg
本作をきっかけに表面彫刻のコツを掴んだ思い出深い一作となりました。


N1K2-J_8.jpg
当時から下面が無塗装なのは知ってはいましたが、
確信犯で明灰緑色に塗りました。


N1K2-J_2.jpg
うろ覚えですが、実機はカサカサ、ボロボロで機体の前後で
色調が違って見えたような...。
しかし、これではあんまりなので(涙)モケー的にキレイにまとめました。



今では嗜好が変わり(109だけは相も変わらず/笑)日の丸機を手がけることも無くなったが、ストックに何故か99軍偵、98軽爆などがあるので気が向いたらいじってみようかな。

  1. 2012/09/26(水) 00:06:28|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ど~ら通信@その4 | ホーム | ど~ら通信その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ponponkankan.blog132.fc2.com/tb.php/31-d2d2b8ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。