みかん通信

蜜柑の飛行機プラモデルを中心とした趣味ブログです。

黒円盤通信@その6

当時、購入した奈保子ちゃんのアルバムを実家で発掘♪
この頃すでにロック小僧だったボクは、洋楽をレンタルレコード屋(古!)で借りて楽しんでいました。
高校生のお小遣いでは新譜LP(¥2.500-~2.800-)はおいそれとは買えませんでしたが、気合を入れてRORY GALLAGHERではなく、奈保子ちゃんを2枚もGETしたんですねえ。

肝心の内容はスマイル・フォー・ミーではなくってAOR。
米国録音でTOTO、CHICAGOのメンバーも参加して制作された高音質なアルバム。
友人達もこのアルバムの存在を知らず、ダビングしてカセットテープを無記名のまま渡すとほとんど誰コレ?状態。
おそらくアイドルということで、さして注目もされなかったアルバムなのかもしれませんね。

久しぶりに針を落とすと、良く鳴る! 当時使用していた粗末なシステムでも音質の良さに驚いた記憶が残っていますが、改めてrun offを確認するとメタルマザーorスタンパーまで向こうで作られたことがわかります。>当時はこんなところ気にしないもんなあ。

run offにはPrecision( Stephen Marcussen)の手書きサイン有り。
その筋では有名なマスタリング・エンジニア。>どうりで良く鳴る訳ね。


Naoko_1.jpg
DAYDREAM COAST/日本コロムビア AF-7310/1984


Naoko_2.jpg
MAT AF-7310-A-2 A-2 Precision
/AF-7310-B-1 B-1 Precision



Naoko_3.jpg
NINE HALF/日本コロムビア AF-7389/1985


Naoko_4.jpg
MAT AF-7389-A F-1 MASTERED BY CAPITOL Wally
/AF-7389-B F-1 MASTERED BY CAPITOL Wally



こちらのrun offも確認すると、なんとMASTERED BY CAPITOL!しかも手書きでWally(WALLY TRAUGOTT)のサインが!!
PINK FLOYD/THE DARK SIDE OF THE MOON@初期US盤も彼が担当しています。>こちらもどうりで良く鳴る訳ね。

この2枚のアルバムの完成度の高さは思うに米国進出を狙ったものではなく、単なる企画物(デビュー5周年記念)として制作されたのが結果的に良かったのかも知れません。


それにしても、奈保子ちゃんとPINK FLOYDがWallyで繋がるなんてねえ。(笑)


  1. 2013/09/22(日) 22:34:10|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0