みかん通信

蜜柑の飛行機プラモデルを中心とした趣味ブログです。

109通信@十の字♪

もう少し引っ張ってみる。


G-5AS-108.jpg
最近、機首まわりのより鮮明な画像を入手。エンジン・オイル注入口の三角マークの位置は、マスキングテープが正解。
さて、どうしたものか。(・∀・)


G-5AS-109.jpg
主翼上面のパターンは推定。


G-5AS-111.jpg
排気煤汚れ隠しの黒意匠が入ると、俄然悪役キャラに凄味が出る。



次回の更新で、完成なるかな?
  1. 2017/08/29(火) 23:10:39|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒円盤通信@キュッキュッキュッ♪その3

先月6/4(日)渋谷某Barにて、懲りずにDJ(3回目)してきました♪

今回はリクエストにお応えして、プログレ濃度が高め。(笑)
再生リストは以下の通り。>Rock編

先ずは、イタリアン・プログレから。
●AREA-Arbeit Macht Frei/ワーナーパイオニア 白見本盤 P-10286C
Area-1.jpgArea-2.jpg


●Mauro Pagani-地中海の伝説/キング 白見本盤 GXF-2041
Mauro-1.jpgMauro-2.jpg


●OSANNA-Milano Calibro 9 - Preludio, Tema, Variazioni E Canzona/伊盤 LPX14
Osanna-1.jpgOsanna-2.jpg


●NEW TROLLS-Concerto Grosso N.I/伊盤 LPX8
New Trolls-1New-Trolls-2.jpg


イタリア繋がりで(笑)、Gigliola Cinquetti。
●Gigliola Cinquetti-Gigliola Cinquetti/伊盤 FG5012
Gigliola-1.jpgGigliola-2.jpg


いつの間にかプログレ祭り状態♪本家英国面から。
●Web-i.spider/伊盤 AK336
Web-1.jpgWeb-2.jpg


●Jonesy-Sudden Prayers Make God Jump/伊盤 NWRLP 01
Jonesy4-1.jpgJonesy4-2.jpg


●KING CRIMSON-In The Court Of The Crimson King/UK盤 ILPS-9111(MAT2/4)
King1-1.jpgKing1-2.jpg


●KING CRIMSON-Lark's Tongues In Aspic/US盤 SD7263
King5-1.jpgKing5-2.jpg


異色の組み合わせ。
●河合奈保子-デイドリーム・コースト/日本コロムビア AF-7310
●河合奈保子-ナイン・ハーフ/日本コロムビア AF-7389
Naoko-1.jpgNaoko-2.jpg


蘊蓄はこちら。
http://ponponkankan.blog132.fc2.com/blog-date-201309.html


●PINK FLOYD-Dark Side Of The Moon/US盤 SMAS-11163
Pink-1.jpgPink-2.jpg


●Crusaders-Street Life/US盤 MCA Records MCA 3094
Crusaders-1.jpgCrusaders-2.jpg


●Various-Saturday Night Fever/ポリドール 白見本盤 MWZ 8105/6
Bee-Gees-1.jpgBee-Gees-2.jpg


●James Brown-Gravity/US盤 Scotti SCT 57108
JB-1.jpgJB-2.jpg


本家とリミックス盤の聴き比べ。
●イエロー・マジック・オーケストラ-イエロー・マジック・オーケストラ/アルファ ALR-6012
YMO1-JP-1.jpgYMO1-JP-2.jpg


●Yellow Magic Orchestra-Yellow Magic Orchestra /US盤 Horizon P-736
YMO1-US-1.jpgYMO1-US-2.jpg


●The Chemical Brothers-Come With Us/UK盤 Freestyle Dust XDUSTLP5
CB-1.jpgCB-2.jpg


●Jesse Davis -Jesse Davis/ワーナー・パイオニア P-8024
Jesse1-1.jpgJesse1-2.jpg


●Dr. John -Dr. John's Gumbo/UK盤 Atlantic K 40384
Dr-John.jpg


Little Wing、本家とカバーの聴き比べ。
●Jimi Hendrix-Axis: Bold As Love/UK盤 Polydor 2340-074
Jimi-1.jpgJimi-2.jpg


Little Wing、本家とカバーの聴き比べ。
●Sting -...Nothing Like The Sun/UK盤 A&M AMA 6402
Sting-1.jpgSting-2.jpg


Little Wing、本家とカバーの聴き比べ。
●Stevie Ray Vaughan & Double Trouble-The Sky Is Crying/US盤 Epic E 47390
SRV5-1.jpgSRV5-2.jpg


●Led Zeppelin-Led Zeppelin IV/US盤 SD7208 (A PECKO AT/GP/B PECKO DUCK AT/GP)
Zep4-1.jpgZep4-2.jpg


●Deep Purple-Come Taste The Band/US盤 PR2895(A〜THE WASP〜KENDUN/ B KENDUN)
Purple-1.jpgPurple-2.jpg


ラストはJazzで、Miles Davis。
●Miles Davis-Kind Of Blue/コロムビア YL-143
Miles-1.jpgMiles-2.jpg



え~、109は小物整形中♪



  1. 2017/07/06(木) 22:48:11|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

109通信@絶賛停滞中♪

最近は黒円盤気分なので、絶賛停滞中。


G-5AS-97.jpg
主翼&尾翼塗装完了。


G-5AS-98.jpg
76のオーバースプレーはエアブラシの様に″ふあっ″とはならないが、筆のコテ塗りもまた趣きがあるので良しとしよう。


G-5AS-99.jpg
76地もフレッシュな76でオーバースプレーすると、良いのだけれどさてどうしたものか。>飽きてきている。(・∀・)


G-5AS-100.jpg
この角度から見ると、オーバースプレーの効果が解る。



あとは、小物を仕上げれば完成なの♪





  1. 2017/06/27(火) 23:38:03|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

109通信@お化粧直し♪

本作は展示会に間に合わせるために、ウエザリングは程々に仕上げ一応完成とした。


G-10-1.jpg



旧作を破損による補修以外で手を加えることは基本しないのだが、気分でシュペヒト機の塗装の合間にパステルにて仕上げてみた。

G-10-2.jpg


G-10-4.jpg
先ずラプロス6000番で軽く艶殺しをした後に、上面を中心にパネルラインを避けながらペトロールを塗りパステルを垂らし込む。


G-10-5.jpg
乾燥後に硬めの筆で適度にすり落とす。


G-10-6.jpg
排気の煤は下地にラッカーをエアブラシで吹き、ぺトロールで溶いたパステルを置く。


G-10-7.jpg
乾燥後にムラ&雨垂れをぺトロールで筆&綿棒でぼかして、仕上げにペトロールをさっと塗ってからパステルをまぶす。


最後の艶調整にハセの青色クロス(商品名失念)で軽く磨くと、独特の鈍い艶になる。
仕上げにクリアーにてオーバーコートはせずとも、ぺトロールがラッカーの塗装膜を若干侵すので定着する。

これにて完成♩


おまけ
G-5AS-91.jpg
主翼の上塗りが完了したので、只今マーキング中♪


  1. 2017/05/26(金) 22:21:38|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒円盤通信@キュッキュッキュッ♪その2

4/16(日)、第2回目の再生リスト。

前回同様、前半は軽くJazzを鳴らしてしましたが、中盤からお約束のRock祭り♪

●Jimi Hendrix-SMASH HITS/UK盤 再発 Polydor 2310-268 からPurple Haze。

Jimi-Hendrix-1.jpgJimi-Hendrix-2.jpg
抜けの良いサウンドに驚きの声が!



●Jeff Beck-Loud Hailer/EU盤 ATCO R1 555546からThe Revolution Will Be Televised~Live In The Dark。

Jeff Beck-1Jeff Beck-3
最近、ヘビーロテーションのアルバム。



●Foghat -Live/US 盤 Bearsville  BRK 6971 RL/RLからHoney Hush。

Foghat-1.jpgFoghat-2.jpg
レモンティーもとい、Train Kept A Rollin' でお馴染みのナンバー。



●Doug Sahm And Band-Doug Sahm And Band/国内盤 ワーナーパイオニア 白見本盤 P-8320から(Is Anybody Going To) San Antone~It's Gonna Be Easy~Your Friends。

Doug-Sahm-And-Band-1.jpgDoug-Sahm-And-Band-2.jpg
昼間の酒のお供にぴったりのアルバム。



●Catherine Howe ‎– What A Beautiful Place/US盤 再発 NUM012からA面すべて。

Catherine-Howe-1.jpgCatherine-Howe-2.jpg
オリジナルは激レアなので、再発盤で楽しんでいます。お気に入りの1枚。



●Caravan-Waterloo Lily/仏盤 Kingdom KV .6001から The Love In Your Eye ~ Tilbury Kecks 。

Caravan-1.jpgCaravan-2.jpg
ちょっぴりおセンチな気分に浸りたい時の曲。



●Jonesy-Growing/UK盤 Dawn DNLS 3055 PORKY/ PECKOからCan You Get That Together~Waltz For Yesterday。

Jonesy-1.jpgJonesy-2.jpg
B級扱いですが、大好きです!



●Pink Floyd -Meddle/UK盤 Gramophone Harvest SHVL 795 MAT 4/3からOne Of These Days、Echoes。

Pink-Floyd-1.jpgPink-Floyd-2.jpg
アルコールでも、B面7分あたりからキモ~チ良くなります。(笑)



●Beatles- Revolver/国内盤 東芝音工-赤盤 OP7600 からTaxman~Eleanor Rigby。

Beatles-1.jpgBeatles-2.jpg
A2の艶やかななサウンドに驚きの表情!



●The Doobie Brothers-The Doobie Brothers/国内盤 ワーナーパイオニア 白見本盤 P-10044WからNobody。

The-Doobie-Brothers-1.jpgThe-Doobie-Brothers-2.jpg
A1のダイナミックなサウンドはいつ聴いてもシビレます。



●Steely Dan ‎– Can't Buy A Thrill/US盤 再発 ABC ABCX-758 からA面すべて。

Steely-Dan-1.jpgSteely-Dan-2.jpg
お洒落だけではない、味わい深いアルバム。



●Roxette -Look Sharp!/US盤 EMI E1-91098 Wally/WallyからThe Look。

Roxette-1.jpgRoxette-2.jpg
当時、ラジオで結構鳴っていましたね。



●Swing Out Sister-Kaleidoscope World/UK盤  Fontana  838 293-1からYou On My Mind。

Swing-Out-Sister-1.jpgSwing-Out-Sister-2.jpg
コテコテRockおじさんですが、お洒落なアルバムもありますよ。(笑)



●Mason Ruffner-Gypsy/US盤 CBS ‎FZ 40601からGypsy Blood、Runnin'。

Mason-Ruffner-1.jpgMason-Ruffner-2.jpg
枯れたギターサウンドがツボです。



●Led Zeppelin -Led Zeppelin II/UK盤 Atlantic 588198 MAT2/2からWhole Lotta Love、Heartbreaker。

Led-Zeppelin-1.jpgLed-Zeppelin-2.jpg
爆音で鳴らして、スカッとしました。(^^)/



●Deep Purple-Live In Japan/国内盤 ワーナーパイオニア 白見本盤 P-5066 PORKY/DELTA PORK/ PECKO/-からSmoke On The Water、 Highway Star 。

Deep-Purple-1.jpgDeep-Purple-2.jpg
勿論、放送禁止用語もバッチリ聴こえます。(笑)



●King Crimson-Red/US盤 Atlantic SD 18110 からStarless。

King-Crimson-1.jpgKing-Crimson-2.jpg
エンディングのカタルシスの為に、B面のほとんどを耐え忍んで聴く名曲。



●Rory Gallagher-Fresh Evidence/仏盤 Accord 105781からThe King Of Zydeco 、Ghost Blues~Heaven's Gate。

Rory-Gallagher-1.jpgRory-Gallagher-2.jpg
Blues、Blues Rockの総集編的アルバム。好きなんですよね。



ヤバイなあ、完全に黒円盤モードだわ。












  1. 2017/04/25(火) 00:31:38|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ